まとめて購入しておいたシート単位の普通切手をスピード買取に

まとめて購入しておいたシート単位の普通切手をスピード買取に

まとめて購入しておいたシート単位の普通切手をスピード買取に

スピード査定は訪問してもらえるので、大量の切手シートを持ち運ばなくて済みました。電車やバスで、高額な品物を持って移動するのは不安でしたから安心しました。

郵便局での交換手数料よりも、買取の査定料のほうが安くなるケースがあります。額面よりも安くなったとしても、どちらが損失金額が大きいかを比較しました。

普通切手の交換手数料よりもスピード買取の査定料を選んだ理由

神奈川県横浜市 西区40代 男性

郵便局で交換する際の手数料は、一枚につき5円です。書き損じの年賀はがきは、無駄にせずに済む手数料としては納得できます。しかし事務用に購入しておいた1シート100枚で構成されている普通切手の場合は、1シートを交換するだけで500円です。100シートでは50000円です。交換手数料と査定料を比較した場合に、どちらが損失が少なくなるのかを考えて、スピード買取で相談をしました。買取では額面よりも安く査定されてしまいますが、枚数によっては一回の査定料のほうが損失金額が少なく済むと説明されました。記念切手の買取で、コレクターから評判の良い業者でしたから期待していましたが、説明を聞いて安心しました。スピード買取で訪問してもらえたので、持ち運ばなくても良かったのが助かりました。100シート単位になると、かなり重くなりますから、電車やバスでの移動は大変です。

スピード買取に期待できる切手の額面に対する評価と手数料

スピード買取に期待できる切手の額面に対する評価と手数料

スピード買取では手数料が必要にならない場合が多いです。業者にもよるのでしょうが、まずは買取の依頼をするときに確認しておきましょう。

切手の買取では、額面の金額に対して一律の額面割引が行なわれる場合が多く、その場合は手数料としての査定料が必要になりません。

スピード買取で家族にも分かりやすい説明をしてもらい額面と査定料を理解する

神奈川県横浜市 西区40代 男性

両親から相談されたのは、切手に対する評価の基準が分からない点でした。買取の業者に相談しようにも、評価が分からなければ判断しようがないといわれたので、家族全員で立ち会えるスピード買取を利用することにしました。両親が提出した切手は、発行年度が平成になってからのものばかりで、コレクターにとっての付加価値の要素がないと指摘され、額面の金額に対して割引されて買取されると説明されました。ただし手数料としての査定料は無料なので、現金に換える点では分かりやすかったです。両親も、すべての切手に対して同じ一律の額面割引だと説明された点に対して、理解できると納得していました。対応が良いと評判のスピード買取でしたが、対応の良さだけでなく、家族全員に対してて理解しやすいように説明してくれたのが良かったです。計算が分かりやすかったのも良かったです。